各階中央にあるOHABEBE Factoryが施設のシンボル

2018年7月、生駒山大東龍間にあるサービス付き高齢者向け住宅に導入されました。 入居者様とスタッフの方々がいっしょに栽培し、生育過程を楽しみ、採れ立て新鮮な野菜を自分たちで食したり、来場者の方たちに提供されています。

3階建ての各階の中央に設置されたOHABEBE Factoryは、野菜栽培室にはめずらしい全面ガラス張り仕様となっており、フロアのどこからでも生き生きとした野菜の緑が目に入ってきます。とても優れたデザインです。

特に1階正面玄関への階段を上りますと、目の前に青々と育っている野菜が飛び込んできます。

1階正面玄関には一層きらめきのある野菜の緑

施設の概要

光照園3階配置図
3階
光照園2階応接
光照園2階配置図
2階
光照園1階
1階

みんなでいっしょに栽培作業を楽しむ

みんなで栽培作業