セラミック栽培の技術を新たな作業種に

2017年9月、姫路市内に新しく設立された就労移行支援事業者様の障害者支援センター内にOHABEBE Factoryが導入されました。

この施設では、利用者の方たちの自立訓練事業と就労移行支援事業などを展開されるとともに、新たな作業種として「水耕栽培」に着手されました。

利用者の方たちが、播種や栽培過程での養液の補充や温度等の環境面の管理、収穫、梱包、販売、器材の洗浄等の各種作業を分担して行うことで、観察力を養ったり、植物を育て収穫する楽しさを味わったり、販売を通して人に役立つという喜びを体験されるということを目的とされています。

支援センター正面

施設の概要

支援センター配置図

OHABEBE Factoryの配置図面です。

作業室と栽培室の一体型です。

広さは約38.8㎡(8m×4.85m)です。

栽培棚数は12棚です。

支援センターエアシャワー

栽培室に入る前にエアシャワー室を通って、体に付いている埃や虫を落とします。

支援センター作業机

作業机です。

ここで、播種や収穫、梱包などを行います。

支援センター流し台

流し台です。

足元には温水器もあり冬の対策もバッチリです。

支援センタースタッフ

当施設のOHABEBE Factoryは、通常の作りとは異なり、建物外壁に窓が設けられています。
本来は、外気温との調整のために建物内建物に窓を設けますが、通所者の方たちの安全性を考えて、建物の壁に直接窓を設けています。

支援センター栽培

栽培状況です。

青々と野菜が育っています。

収穫された野菜は、地元の大手ホテルのレストランで使われています。