併設されたレストランで新鮮な野菜をいただく

2013年4月、JR大阪駅北側のグランフロント大阪に薬膳フレンチレストラン「旬穀旬彩」がオープンされました。そして、そのの隣にOHABEBE Factory「旬穀旬彩シティファーム」が併設されました。

オーナー企業様は、農薬を使わず腐葉土と同じような環境で野菜を育てる「セラミック栽培」に着目され、都会で行う近未来的農園をコンセプトとし、季節の葉菜、根菜、ハーブなどを多用に栽培し、収穫した野菜は薬膳レストランで使用されています。

まさしく、フードマイレージ「0」を実践されています。

旬穀旬彩シティファーム
左側がフレンチレストン、右側がOHABEBE FARM「旬穀旬彩シティファーム」

施設の概要

旬穀旬彩栽培室図面

栽培室の図面です。

ビルの設計に合わせた珍しい形状の栽培室になっています。

広さは約65.8㎡です。

栽培棚数は32棚です。

図面左側が全面ガラス張りになっており、ビルの通路から生き生き育っている野菜を見ることができます。

旬穀旬彩通路から

栽培室の外観です。

ビルの通路から栽培しているところが見ることができます。

レストランと併設

レストランのすぐ隣にOHABEBE Factoryがあります。

部屋の奥では一体化されており、室外に出ることなくクリーンで採れ立て新鮮な野菜が、毎日、レストランに運ばれています。

旬穀旬彩栽培

梅田のど真ん中のビルの中で元気よく野菜が育っています。